お金はちゃんと計画的に使おう

カリレールさん

カードローンなどは極力利用しないに越したことはないのですが、それでもやはり突発的にお金が必要になることも。
そういった時に賢く利用する分には「ご利用は計画的に」というスローガンに合っていると思いますが、日々の生活の足しに利用するのはやはり危険です。

 

収入を増やせるなら(もちろんギャンブルなどではなく正しく得た収入ですよ!)そうした手を打つべきですが、
日々の生活費など、節約できるところはキチンとするのが大事です。

 

また正社員の場合だとWワーク不可の会社も多いですしね。

 

あまり計画的にお金を使っていないな・・・と思い当たる人は節約をぜひ実践してみましょう!

家計簿をつける

まず自分の生活に必要な最低限の費用をしっかり書き出しましょう。

 

・家賃
・光熱費
・食費
・通信費(携帯代など)
・雑費
・交際費
・貯金

 

家賃は引っ越さない限り節約するのは難しいので、まず除外。
それ以外を収入から割り振っていき、まずは貯金分を先に確保しておきます。
手元に置くと使ってしまいやすいので、別の口座に入れておくと溜まっていくのも実感しやすいのでおすすめです。
その際普段はそのキャッシュカードは絶対に持ち歩かないこと!

 

節約して余ったお金を貯金すればよいのでは?という意見もあるかと思いますが、その場合月の最後までいくら節約できるか、そればかりを気にして生活しなければなりません。
先に貯金分を抜いておくことで、余ったお金だけでやりくりすればよいので少し気が楽になるのです。

 

万が一余ったらまたそれを貯金に移せばよいし、余らなくても最初から貯金分は確保しているので問題なし!

 

続いて引き落としになっていて詳細な金額を把握していないことが多い光熱費、通信費。
それぞれいくら使用しているのか一度しっかり確認しましょう。

 

電気代、水道代、ガス代、節約できませんか?
携帯代、不要なオプション付けていませんか?

 

また最も節約を意識しやすいのが雑費、食費、交際費。
まず食費ですが、予算からさらに4週分に分けて封筒に分けておく、という手をとると1週間で使う費用がわかりやすくてよいでしょう。
可能であれば1週間に一度、その費用で買いだめしておけばなおわかりやすい!
雑費も同様にしたいところです。
そうでない場合は食費・雑費用に別のお財布を用意して、自由に使えるお金とはしっかり分けておいた方が使った分がはっきり把握できるのでおすすめです。

 

交際費に関しては、予算を上回る場合は潔く諦めることが肝心です。
何とか工面して参加できれば良いですが、そうでない場合はどんどんマイナスになってしまいますから。

 

各費用、使えるお金の限度額を知って設定することから始めましょう!